仲間と楽しく働くだけじゃない! 学んで挑戦できる環境

クリエイティブチーム
アートディレクター/デザイナー
栗原 栄利子

パルサーを選んだ理由は?

夫が社長と面識があり、以前からパルサーの話を聞いていました。券売機の会社でWebやDTPの事業もしている…と、はじめはよく分かりませんでしたが、社長も社員も一緒に会社の方向性を考えていくことや、昼にお米を炊いて皆で食べていることを聞いて、大変興味がわき、新しい発見がありそうと思い応募しました。面接の際には、皆が朗らかな笑顔で迎えいれてくださり「ぜひここで働きたい!」と思いました。寒い時期でしたので、薪ストーブの心地よい温かさと、木のぬくもりを感じる社内にも惹かれました。

仕事内容は?

主にWebサイトのデザイン、時々印刷物のデザインをしています。クライアントの要望に合わせてターゲットは、どんなふうに売りたいのか、どう見せれば伝わるのかを考えながら進めます。
作業的には地味ですが、よいものが出来上がった時の爽快感は格別です。

仕事のやりがいは?

今現在はデスクで画面に向かっている時間がほとんどですが「お客様が喜んでいました」とフィードバックがあると大変嬉しく思いますし、やりがいを感じます。また、皆がそれぞれ活躍した結果を共有することで、自分も頑張ろうという気持ちになります。カメラマンもこなすディレクターの撮影した写真に感動したり、新しい店舗に設置した券売機の映像を見せてもらうなど、刺激を受けながら仕事に励んでいます。

パルサーを一言で表すと?

“進化し続ける会社”
自分では絶対にやれなかったことをやってみようと思える、そんな社風があります。自分の行動を少しずつ変えて続けていくことで、それが当たり前になる。誰かが新たな一歩を踏み出すことで、周りも進化していく…というとちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、それを地で行くのがパルサーなのかなと思います。
もうひとつ挙げるとしたら “たのしい!” 社内の雰囲気はいつも明るく、お互いを尊重しあい協力しあいながら楽しく仕事ができる環境です。

休日は何をしている?

夫と2匹の犬とドライブに出かけます。散歩をして、美味しいものを食べて、温泉に入ってリフレッシュしています。夫婦そろってPerfumeのファンで、ライブの遠征に出かけたりもします。
夫が仕事に出かけて1人の時は、お気に入りの店で服を見たり、雑貨屋めぐりをしたりします。

20年後はどうなってる?

歳を重ねても、誰かにしあわせな気持ちを感じさせる“何か”をつくる人でありたいです。布や服に興味があるので、ふだんの生活を豊かにするような繊維製品をつくることができたらいいな、と近頃は考えています。パルサーに来るまでは「何か」の部分はぼんやりしていましたが、自分の過去の振り返りや、今後の人生について考える機会があったことでビジョンが明確になってきました。

未来の仲間へメッセージ

どんな人と一緒に働くかは、とても大事なことだと思います。パルサーの人たちは皆やさしく心ある方ばかりで、精神的にも物理的にも距離が近く明るい職場です。会議室からはいつも笑い声が漏れています(遮音性はやや低め)。フリーランス期間が長かった私にとっては、気軽に相談に乗ってもらったり、社長も社員も同じテーブルで昼食を食べたりできる今の環境を、本当にありがたく感じています。また、外部メンター制度もあります。安心してパルサーの門を叩いてください!

PAGE TOP